適正体重の計算方法

適正体重 計算方法人には適性体重が存在します。
「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で出した数値をBMIと呼びますが、これが22になるような状態が適性体重です。
言い換えると、22×身長(m)×身長(m)で出た数値が適性体重となります。
身長を元に計算されるため、男女の区別や体質などは考慮されません。
あくまで目安となる数値がこの計算方法ですが、人の体積は身長によって決まるため、最初の目安にするのは悪くないと言えます。

この計算法によると、平均的な日本人男子の身長170センチで63.6kg、女性の158センチで54.9kgとなります。
幾分厳しい数値だと思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに、身長だけで割り出されるこの数値は、達成するのは簡単ではないでしょう。

変動はつきもの

注意すべきは、「適性体重にとらわれる」ことでしょう。
ここでご紹介した適性体重とは、あくまで身長を元に割り出した目安に過ぎません。
これには筋肉率や脂肪率など、体重にもろに影響する要素は考慮されていないのです。
しかし、実際には筋肉の付き方で体重は大きく左右され、さらには食べたものや体重を図るタイミングでもかなり変わってきます。

いつも体重の増減を気にして、2~3キロでも太ったとストレスになるような考え方はあまり現実的ではありません。
体重は変動するものだからです。
10キロ太ったとなると健康的なダイエットの必要を感じますが、2~3キロ程度であれば、生物学的な周期や変化で起こり得るものです。
焦らずに健康的な食事を続け、適正な体重”付近”を維持していきましょう。

数値と健康は必ずしも一致しない

運動をしている場合も、適性体重に当てはまらない場合があります。
ご存知のように、運動をすることで筋肉は鍛えられ、体の機能が維持されます。
この筋肉というのは脂肪よりも重く、同じ体形でも筋肉の多い人の方が体重が重くなります。
筋骨隆々である必要はないものの、筋肉が多い方が代謝が高く、スタミナが多く、ケガのしにくい体となります。
そこで出来るだけ筋肉をつけたり維持していく方が健康に良いのですが、そうなると適性体重より5キロ多い、などというのはもはや当たり前の光景になるでしょう。
この場合も、自分の体が筋肉質か、骨が太いかなどに応じて加算修正していく必要があります。

適性体重は、体質によっては理想的な体重になるものの、多くの場合には理想体重と似たような立ち位置になるようです。
健康的で体力のある体形であれば、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。

\あなたにピッタリの酵素サプリが見つかる!/

▶ 酵素サプリコラム一覧に戻る