飲み合わせの悪影響

飲み合わせの悪影響結論から言うならば、飲み合わせる薬次第です。
酵素ダイエットサプリは医薬品ではないため、いくら飲んでも問題ないと考える方も少なくありません。
しかし、薬との飲み合わせを間違えると効果が発揮されなくなったり、薬の効果が強くなる危険性があります。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、グレープフルーツと薬を併用することで、相互作用が発生し小腸に悪影響を与えることが知られています。
グレープフルーツには天然のフラボノイド成分が含まれており、これが肝臓や腸などの粘膜に存在している、薬の代謝を担う酵素の働きを抑えてしまうためと考えられています。
カルシウム拮抗薬や、神経痛やてんかんに使用される薬、糖尿病患者の透析の際に使用される薬、脳梗塞などに使用される薬との飲み合わせが悪いことが指摘されており、グレープフルーツを食した後24時間以内は薬を飲まないよう注意喚起がなされています。

酵素ダイエットサプリでも注意を

酵素ダイエットサプリに話を戻すと、サプリメントとの特別相性の悪い薬は、現在のところ確認されていません。
酵素ダイエットサプリは、腸内まで生きた酵素を届けることで消化や代謝を助け、体に酵素が残るように働きかけます。
薬は代謝して分解しなければ、いつまでも滞留して内臓にダメージを与えかねません。
そこで、酵素ダイエットサプリが発揮する消化や吸収効果は、薬との飲み合わせてでもいい効果を発揮すると考えられます。

しかし、病状悪化やかかりつけの医師が事実を把握するため、持病をお持ちの方は一度医師に相談するのが最善です。
思わぬ病状悪化や、症状が長引いたりする原因は作りたくないものです。
体が病を抱えている場合、酵素ダイエットサプリによる体重コントロールよりも、本来の身体の健康を取り戻す方が優先されるべきです。

サプリの過剰摂取も避けよう

酵素ダイエットサプリそのものも、大量に摂取すべきではありません。
酵素ダイエットサプリには、酵素やその他の栄養素が凝縮して含まれています。

それを大量に摂取した場合、やはり体や消化器官の負担となり、下痢や肝障害、骨への影響などが考えられます。
いずれの場合もかなりの量を一度に摂取したケースを想定した症状のため、毎日飲んでいる量を心配する必要はないでしょう。

しかし、製造メーカーが定めた用法・容量を守らずに飲むことは、未知の健康被害や病状を発生させる要因となりかねません。
健康的に酵素ダイエットサプリを使用するには、適度な服用が一番です。

\あなたにピッタリの酵素サプリが見つかる!/

▶ 酵素サプリコラム一覧に戻る