好転反応の代表は下痢

好転反応「好転反応」とは、体が快方へと向かう過程で生じる、一時的な体調不良や症状のことで、マッサージや鍼治療、血行改善治療などを受けた後に生じる場合があります。
毒素や老廃物を体の外に出そうとするため、それらが体の組織を通過する際に一時的に害を及ぼしていくからです。

体の中に毒素が溜まっている方ほど好転反応が出やすいと言われており、冷え性や便秘、長年の血行不良に悩まされている場合は注意が必要です。
好転反応の例として下痢が挙げられます。
便秘気味の方が、酵素サプリなどを通じて体調を改善使用とする場合、腸内環境が大幅に改善されることで、便のみならず様々な老廃物や毒素を排出しようとします。
大抵は肝臓で処理されてから外に出されるものですが、排出が多く肝臓の働きが間に合わないと、出てきた毒素が消化活動や吸収活動を一時的に阻害して、下痢を引き起こす可能性があります。

その他の症状

便秘や発熱、肌荒れなども、好転反応として確認されることがあります。
便秘が起こるのはなぜ?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、腸内環境が改善されたり、新陳代謝が向上することで、体内の各細胞が水分をより必要とするケースがあります。
体の中で水分の吸収効率が上がるため、今までと同じように水分補給を行っていると足りなくなり、便からも水分がいつも以上に吸収されます。
それで便が固くなってしまい、便秘につながるという訳です。

発熱も、排出される老廃物や毒素に関連して発生します。
毒素を退治しようと免疫機能が働くため、一時的に発熱して悪い菌や分子を排除します。
肌荒れも、末端組織である表皮から毒素を排出しようとする場合、それがニキビや吹き出物として表れる可能性があります。
これらはいずれも一時的な症状であり、老廃物や毒素を排出し終わって体が健康に戻ると、症状は治まります。

体を休ませるのが一番

こうした好転反応や、好転反応に関連して起こったと考えられる体調不良が生じた場合どうすべきでしょうか?
症状が軽度であれば、そのまま酵素サプリなどの服用を続けても問題ないでしょう。
しかし下痢や発熱などは体にもそれなりの負荷がかかっています。
体力に自信のある方であれば、少々の体調不良は問題ないと思えるかもしれませんが、基本的には体は休むことで強さを維持しています。

好転反応は体が調子を取り戻しているサインですが、症状が辛い場合はサプリメントの服用をやめ、一度体を休ませることが大切です。

\あなたにピッタリの酵素サプリが見つかる!/

▶ 酵素サプリコラム一覧に戻る